読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサービスで起業を目指すプログラマーblog

仕事で使ったプログラミング、サーバー周りで役に立つこと、Webサービス開発に必要な技術情報、モバイル情報を書いてます。わかりやすく見やすくをモットーにしています。

ApacheとGlassFishを連携する mod_jk編

Linux GlassFish

ApacheGlassFishmod_jkというApacheのモジュールを使って連携する手順です。

環境

OS CentOS6.2
Apache 2.2.15
GlassFish 3.1.2.2
mod_jk 1.2.37

ApacheGlassFishは同じサーバーにインストールされている環境です。

インストール手順

1.mod_jkをダウンロードします。

公式サイトより

http://tomcat.apache.org/connectors-doc/

wgetで直接ダウンロード

wget http://www.apache.org/dist/tomcat/tomcat-connectors/jk/tomcat-connectors-1.2.37-src.tar.gz


2.ダウンロードしたmod_jkを解凍します。

tar xvzf tomcat-connectors-1.2.37-src.tar.gz


3.解凍したmod_jkにある「buildconf.sh」を実行します。

./native/buildconf.sh
buildconf: checking installation...
buildconf: autoconf version 2.63 (ok)
buildconf: libtool  version 2.2.6 (ok)
buildconf: libtoolize --automake --copy
buildconf: aclocal
buildconf: autoheader
buildconf: automake -a --foreign --copy
buildconf: autoconf	


4.configureを実行します。
with-apxsはapxsのある場所を指定します。

./native/configure --with-apxs=/usr/sbin/apxs


5.makeを実行します。

./native/make


6.makeでコンパイルすると「mod_jk.so」ができるのでApacheのモジュールディレクトリにコピーします。

cp ./native/apache-2.0/mod_jk.so /etc/httpd/modules


7.httpd.confにmod_jk.soを読み込む設定を追加します。

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

# httpd.conf
LoadModule jk_module modules/mod_jk.so


8.mod_jkのworker.propertiesを作成します。

vi /etc/httpd/conf.d/workers.properties

# workers.properties
worker.list=worker1
worker.worker1.type=ajp13
worker.worker1.host=127.0.0.1
worker.worker1.port=8009


9.mod_jk.confを作成します。

vi /etc/httpd/conf.d/mod_jk.conf

# mod_jk.conf
<IfModule mod_jk.c>
    JkWorkersFile /etc/httpd/conf.d/workers.properties
    JkMount /jenkins* worker1 # glassfish側のアプリパスを指定する ここではjenkinsがGlassFish上にある場合
</Ifmodule>


10.GlassFishでリスナーを新規で登録します。
新規で登録するリスナーのを指定します。ここでは「mod-jk-listener」とつけます。

./glassfish3/bin/asadmin
asadmin> create-http-listener --listenerport 8009 --listeneraddress 0.0.0.0 --defaultvs server mod-jk-listener
管理ユーザー名を入力してください>  admin
ユーザー"admin"の管理パスワードを入力してください> 
コマンドcreate-http-listenerは正常に実行されました。


11.GlassFishmod_jkを有効にします。
10のリスナー登録の続きでasadminコマンド内でコマンドを実行します。

asadmin> set server-config.network-config.network-listeners.network-listener.mod-jk-listener.jk-enabled=true
管理ユーザー名を入力してください>  admin
ユーザー"admin"の管理パスワードを入力してください> 
server-config.network-config.network-listeners.network-listener.mod-jk-listener.jk-enabled=true
コマンドsetは正常に実行されました。


12.GlassFishを再起動します。

# GlassFishのコマンドから再起動
./glassfish3/bin/asadmin restart-domain

# 自動起動スクリプトがあるならこちら
service glassfish restart


以上で終了です。