読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサービスで起業を目指すプログラマーblog

仕事で使ったプログラミング、サーバー周りで役に立つこと、Webサービス開発に必要な技術情報、モバイル情報を書いてます。わかりやすく見やすくをモットーにしています。

ApacheとGlassFishを連携する mod_proxy編

Linux GlassFish

ApacheGlassFishApacheのmod_proxyの機能を使って連携する手順です。
mod_jkを使うより簡単に設定できますので連携する場合はこちらをおすすめします。

環境

OS CentOS 6.2
Apache 2.2.15
GlassFish 3.1.2.2

ApacheGlassFishは同じサーバーにインストールされている環境です。

インストール手順

1.Apacheにプロキシ関連のモジュールがロードされているか確認します。
読み込むモジュールがコメントになっている場合は、コメントを削除して下さい。

vi /etc/httpd/conf/httpd.conf

# httpd.conf
LoadModule proxy_module modules/mod_proxy.so
LoadModule proxy_http_module modules/mod_proxy_http.so


2.GlassFish上のアプリケーションのコンテキストパスをプロキシ設定に追加します。
GlassFish上にあるアプリケーションごとにコンテキストルートを設定する必要があります。

# リバースプロキシ用のconfファイルを作成する
vi /etc/httpd/conf.d/reverse_proxy.conf

#
# reverse_proxy.conf
#
# GlassFish上にあるjenkinsにアクセスする場合の例、ポート番号は環境に応じて修正して下さい
<Location "/jenkins">
    ProxyPass http://localhost:8282/jenkins
    ProxyPassReverse http://localhost:8282/jenkins
</Location>


3.Apacheを再起動します。

service httpd restart


4.GlassFish上のアプリケーションにポート番号なしでブラウザからアクセスできることを確認します。

例:jenkins
http://IPアドレス/jenkins


以上で終了です。


サーバ構築の実際がわかる Apache[実践]運用/管理 (Software Design plus)サーバ構築の実際がわかる Apache[実践]運用/管理 (Software Design plus)
鶴長 鎮一

技術評論社 2012-03-23
売り上げランキング : 6625

Amazonで詳しく見る