読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサービスで起業を目指すプログラマーblog

仕事で使ったプログラミング、サーバー周りで役に立つこと、Webサービス開発に必要な技術情報、モバイル情報を書いてます。わかりやすく見やすくをモットーにしています。

WiMAX2+について調べてみた

WiMAX

f:id:shinsuke789:20131105124418j:plain

下り最大110MbpsのWiMAX+2が2013年10月31日よりサービスを開始しました。
WiMAX2+、WiMAXLTEの3つのネットワークが利用できる端末がリリースされています。

WiMAX2+とは?

下り最大110Mbpsの速度が出るWiMAXの次世代版です。
将来的にモバイルネットワークで、下り最大220Mbps、1GMbpsの速度になる予定です。

早くなったところで、周波数がWiMAXと同じなため屋内での速度低下、電波の届きにくさは変わらないと思います。
この辺も利用者のレビューで明らかになってくるでしょう。

エリアは順次拡大していく予定で、最初は主要都市でサービス提供です。

WiMAXと比較して

残念ながら、上りはWiMAXの15.4Mbpsから10Mbpsにダウンしています。
将来的に上りもWiMAX同等以上になるかもしれません。

利用制限がなかったのが、月7GB以上になると128kbpsに制限されます。

端末の管理方法の変更

WiMAXのときはMACアドレスで管理していましたが、WiMAX2+から携帯電話と同じようにSIMカードで管理されます。SIMカードを使うので、電話番号が割り当てられています。
しかし、データ通信専用なので通話はできず個人の特定、管理で利用されるだけのようです。

SIMカードになるため、契約時に契約事務手数料、月々の支払いにユニバーサル料が請求されます。

利用できる端末

現在利用できる端末は「HWD14」しかありません。
今後新たに端末は出てくるかもしれませんが、速度制限等を考えるとLTE付きのものが標準になるかもしれません。

提供しているプロバイダ

全部で5社が提供しており、そのうち3社はMVNOです。

So-netは2014年2月からサービス開始予定です。

料金比較

プロバイダ 月額料金
UQ WiMAX 3,880円
au 3,880円
GMOとくとくBB 3,800円 ←最安!
BIGLOBE 3,801円
@nifty 4,378円

どこもあまり変わりません。

契約

携帯電話と同じく2年契約になります。
WiMAXのときも2年契約がありましたが、最近は1年契約のものもあるので、少し残念な感じです。

違約金

1年目:19,950円
2年目:14,700円
3年目以降:9,975円
解約月は無料です。

感想

レビューを見るとWiMAX2+の下り速度が20Mbps程出ていました。下りの速度はかなり速いようです。
しかし、従来のWiMAXと同じく速度が不安定というのは変わらないようです。

WiMAX2+になって帯域制限、2年縛りがあるので、契約を考えている方はイーモバイルも対象になるのではと思います。
上り、下りとも安定した速度を求めるのであれば、イーモバイルの方がおすすめです。