読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサービスで起業を目指すプログラマーblog

仕事で使ったプログラミング、サーバー周りで役に立つこと、Webサービス開発に必要な技術情報、モバイル情報を書いてます。わかりやすく見やすくをモットーにしています。

Visual Studio 2015でCrystal Reportsを使えるようにする

Visual Studio 2015で帳票の出力をしようと思い「Crystal Reports」を使うことにしました。

標準ではインストールされていないので、別途ダウンロードとインストールが必要です。
その時の手順をまとめましたので、参考にして下さい。

環境

OS Windows 10
Visual Studio 2015 Community
Crystal Reports 13.0.20

手順

1.Visual Studioを起動しているなら終了させます。

2.次のサイトからCrystal Reportsをダウンロードします。
Crystal Reports, Developer for Visual Studio Downloads - Business Intelligence (BusinessObjects) - SCN Wiki

ページの真ん中あたりに表があるので「Support Pack XX」の数字が大きいリンクをクリックしてダウンロードを開始します。
f:id:shinsuke789:20170502103847p:plain

3.「CRforVS_13_0_20.exe」のようなファイルがダウンロードされるので実行します。

4.「セットアップ言語の選択」が表示されるので「日本語」が選択されていることを確認し、「OK」をクリックします。
f:id:shinsuke789:20170502103900p:plain

5.「次へ」をクリックします。
f:id:shinsuke789:20170502103942p:plain

6.「使用許諾契約書に同意する」を選択し「次へ」をクリックします。
f:id:shinsuke789:20170502104009p:plain

7.「次へ」をクリックします。
f:id:shinsuke789:20170502104017p:plain

8.インストールが始まるのでしばらく待ちます。
f:id:shinsuke789:20170502104024p:plain

9.「はい、64ビットランタイムをインストール」にチェックが入っていることを確認し「完了」をクリックします。
f:id:shinsuke789:20170502104032p:plain

10.ランタイムのインストールが始まり、完了すると自動的にウインドウが消えます。

11.Visual Studioを起動し、プロジェクトから「新しい項目の追加」を選択します。
f:id:shinsuke789:20170502104044p:plain

12.左メニューから「Reporting」を選択し、右側の一覧で「Crystal Reports」を選択すると開発が可能になります。
f:id:shinsuke789:20170502104053p:plain

関連書籍

SAP Crystal Reports 2011 レポート開発入門ガイド

SAP Crystal Reports 2011 レポート開発入門ガイド