読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサービスで起業を目指すプログラマーblog

仕事で使ったプログラミング、サーバー周りで役に立つこと、Webサービス開発に必要な技術情報、モバイル情報を書いてます。わかりやすく見やすくをモットーにしています。

Chromeでサイト描画が遅いときにフリーズする現象を解決する

Chrome

f:id:shinsuke789:20140828205412j:plain
以前にChromeのフリーズを解消するために次の記事を書きました。

これを行ったのですが、またまたフリーズするようになってしまいました。

どうもネットワークやサイトのレスポンスが遅かったりして、サイトの描画が遅いとChrome全体がフリーズしているようでした。

新たなフリーズ対策を試してみました。

環境

OS Windows 7 SP1
Chrome 38.0.2125.101 m

手順

1.アドレスバー右端にあるメニューボタンから「設定」をクリックします。

2.設定タブで一番下までスクロールし「詳細設定を表示...」をクリックして続きの設定を表示します。

3.「プライバシー」にあるチェックボックスを全て外します。
f:id:shinsuke789:20141009164324j:plain

4.さらにスクロールして「システム」にあるチェックボックスを全て外します。
f:id:shinsuke789:20141009164327j:plain

この設定を行うと、Chrome全体がフリーズせず読み込み中のタブのみフリーズするような形になりました。
フリーズは完全に解消してませんがChrome全体がフリーズしないのでストレスは減りました。


システムにある「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」の設定を有効にすると、実際は描画が速くなったりするのですが、私の環境では頑張りすぎて逆にフリーズして遅くなっている感じが見受けれました。

これを外すことでChrome全体のフリーズは回避されます。
ただ、一度にたくさんのタブを開いた場合、読み込みが途中で終わっていたり、真っ白で描画が終わっていたりします。
そういった場合は、タブを更新して再描画を行えば正常に表示されます。