Webサービスで起業を目指すプログラマーblog

仕事で使ったプログラミング、サーバー周りで役に立つこと、Webサービス開発に必要な技術情報、モバイル情報を書いてます。わかりやすく見やすくをモットーにしています。

PostgreSQLを自己証明書でSSLに対応する

手順通りにすれば、簡単にPostgreSQLSSLに対応できます。

動作環境

OS CentOS 6.4
PostgreSQL 9.3.2
OpenSSL 1.0.1e-fips 11 Feb 2013

自己証明書を作成する

1.PostgreSQLのdataディレクトリに移動する

$ cd /var/lib/pgsql/9.3/data

2.OpenSSLでRSA秘密鍵を作成する

# 2048はビット数
$ openssl genrsa 2048 > server.key

3.OpenSSLでCSRを作成する

$ openssl req -new -key server.key > server.csr

4.OpenSSLで証明書を作成する

# 36500は有効期限(この場合100年)
$ openssl x509 -days 36500 -req -signkey server.key < server.csr > server.crt 

5.作成したファイルの所有権・グループを変更する

$ chown postgres:postgres server.*

6.server.keyのアクセス権限を変更する

$ chmod 600 server.key

PostgreSQLの設定を変更する

1.pg_hba.confでアクセス権を変更する

$ vi /var/lib/pgsql/9.3/data/pg_hba.conf

# IPv4 local connections:
host     all     all     127.0.0.1/32     md5  # ローカルはSSL不要
hostssl     all     all     0.0.0.0/0     md5  # リモートはSSL必須

2.postgresql.confでSSLを有効にする

$ vi /var/lib/pgsql/9.3/data/postgresql.conf

# コメントアウトされているので、コメントを外し「ssl = on」にする
# ssl = off
ssl = on

3.設定を有効にするためPostgreSQLを再起動する

$ service postgresql-9.3 restart

注意事項

TomcatGlassFishなどのアプリケーションサーバーを利用している場合、PostgreSQLを再起動する前に停止しておく必要があります。
起動したままだと、データベースとの連携が行われなくなり接続エラーが発生します。

PostgreSQLの再起動が失敗した場合、エラーメッセージがログに出力されるので、そちらを参照し問題点を修正して下さい。
pg_logディレクトリ内に発生曜日ごとにログがあります。

/var/lib/pgsql/9.3/data/pg_log

SSL設定後のPostgreSQLへの接続

GUIツールは、SSLの設定を追加して接続するだけです。

psqlコマンドで接続する場合、接続情報を「""」で括り、「sslmode=require」を追加します。

psql "sslmode=require host=xxx.xxx.xxx.xxx user=user1 dbname=db1"

SSL設定後のアプリケーション側での接続文字列変更

Java

接続文字列に「?sslmode=require」を追加します。

jdbc:postgresql://xxx.xxx.xxx.xxx:5432/dbname?sslmode=require

.NET

接続文字列に「SSL Mode = true; Trust Server Certificate = true; 」を追加します。

Host=xxx.xxx.xxx;Database=dbname;Username=user;Password=pass;SSL Mode=Require;Trust Server Certificate=True

PostgreSQLを深く知るためにおすすめの書籍

内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則 (Software Design plus)

内部構造から学ぶPostgreSQL 設計・運用計画の鉄則 (Software Design plus)

PostgreSQL全機能バイブル

PostgreSQL全機能バイブル