読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサービスで起業を目指すプログラマーblog

仕事で使ったプログラミング、サーバー周りで役に立つこと、Webサービス開発に必要な技術情報、モバイル情報を書いてます。わかりやすく見やすくをモットーにしています。

さくらレンタルサーバーにRubyをインストールする

Ruby

さくらレンタルサーバーにはデフォルトでRubyがインストールされていますが、バージョンが古いので最新版をインストールする手順を書いてみました。

環境

さくらレンタルサーバースタンダード

手順

sshでサーバーにログインする

$ ssh account@account.sakura.ne.jp
Password:

cshからbashに変更する

使い勝手の良いbashを使えるようにします。


bashのパスを確認するためにシェルのパス一覧を確認します。

$ cat /etc/shells
# $FreeBSD: release/9.1.0/etc/shells 59717 2000-04-27 21:58:46Z ache $
#
# List of acceptable shells for chpass(1).
# Ftpd will not allow users to connect who are not using
# one of these shells.

/bin/sh
/bin/csh
/bin/tcsh
/usr/local/bin/zsh
/usr/local/bin/rzsh
/usr/bin/passwd
/usr/local/bin/bash
/usr/local/bin/rbash


シェルのパス一覧からbashのパスを確認しそれに変更します。

$ chsh -s /usr/local/bin/bash


ログインし直します。


再ログインしたらシェルが変更されているか確認します。

$ echo $SHELL
/usr/local/bin/bash

インストールに必要なディレクトリの作成

レンタルサーバーなのでroot権限がありません。
ホームディレクトリにインストールに必要なディレクトリを作成しパスを通します。


ホームディレクトリに「local」「local/src」「local/bin」の3つのディレクトリを作成します。

$ mkdir ~/local
$ mkdir ~/local/src
$ mkdir ~/local/bin


ユーザー設定にパスを追記し有効にします。

$ vi ~/.bashrc
export PATH=$HOME/local/bin:$PATH
$ source ~/.bashrc

gitがインストールされているか確認する

さくらレンタルサーバーは、デフォルトでgitがインストールされているようなのでこれを使います。


gitのバージョンを確認します。

$ git --version
git version 1.9.3

rbenvをインストールする

ホームディレクトリにrbenvをインストールします。

$ cd ~/local
$ git clone git://github.com/sstephenson/rbenv.git rbenv


ruby-buildをrbenv のプラグインとして入れます。

$ mkdir ~/local/rbenv/plugins
$ cd  ~/local/rbenv/plugins
$ git clone git://github.com/sstephenson/ruby-build.git ruby-build


~/.bashrcの先頭にrbenvのパスを設定します。

$ vi ~/.bashrc
export RBENV_ROOT=$HOME/local/rbenv
export PATH=$RBENV_ROOT/bin:$HOME/local/bin:$PATH
eval "$(rbenv init -)"
$ source ~/.bashrc


tmpディレクトリの定義を追加します。

$ vi ~/.bashrc
export TMPDIR=$HOME/tmp
$ source ~/.bashrc


rbenvでインストール可能なrubyのバージョンを確認します。

$ rbenv install -l


現時点での最新(2.2.3)のrubyをインストールします。
インストールには、約5分程かかりますので待ちます。

$ rbenv install 2.2.3
Downloading ruby-2.2.3.tar.gz...
-> https://dqw8nmjcqpjn7.cloudfront.net/df795f2f99860745a416092a4004b016ccf77e8b82dec956b120f18bdc71edce
Installing ruby-2.2.3...
Installed ruby-2.2.3 to /home/user/local/rbenv/versions/2.2.3

$ rbenv rehash


先ほどインストールしたバージョンをデフォルトにします。

$ rbenv global 2.2.3


デフォルトになっているか確認します。

$ ruby -v
ruby 2.2.3p173 (2015-08-18 revision 51636) [x86_64-freebsd9.1]

bundlerをインストールする

現在のgemを確認します。

$ gem --version
2.4.5.1

$ gem list

*** LOCAL GEMS ***

bigdecimal (1.2.6)
io-console (0.4.3)
json (1.8.1)
minitest (5.4.3)
power_assert (0.2.2)
psych (2.0.8)
rake (10.4.2)
rdoc (4.2.0)
test-unit (3.0.8)


bundlerをインストールします。

$ rbenv exec gem install bundler
Fetching: bundler-1.10.6.gem (100%)
Successfully installed bundler-1.10.6
Parsing documentation for bundler-1.10.6
Installing ri documentation for bundler-1.10.6
Done installing documentation for bundler after 5 seconds
1 gem installed

$ rbenv rehash


bundlerがインストールされたか確認します。

$ gem list

*** LOCAL GEMS ***

bigdecimal (1.2.6)
bundler (1.10.6)       <- インストールされている
io-console (0.4.3)
json (1.8.1)
minitest (5.4.3)
power_assert (0.2.2)
psych (2.0.8)
rake (10.4.2)
rdoc (4.2.0)
test-unit (3.0.8)

最終の.bashrc

$ cat ~/.bashrc
export RBENV_ROOT=$HOME/local/rbenv
export PATH=$RBENV_ROOT/bin:$HOME/local/bin:$PATH
eval "$(rbenv init -)"
export TMPDIR=$HOME/tmp
export PATH=$HOME/local/bin:$PATH